もうしばらくはリスティング広告運用者として生きていく

作成日:2019/5/31

もうしばらくはリスティング広告運用者として生きていく

「リスティング広告はもう古い」なんて言われる昨今、いかがお過ごしですか?
野良のリスティング運用者を名乗っています、acssembleの新田です。


先日の株式会社JADEさんの設立の知らせは驚きました。
個人的にとても興味があるので、勝手にフォローして応援したいと思います。

わたしになにかできるか、というと、たぶん全然大したことはできないんですが。


この株式会社JADEさんの執行役員に就任された小西さんの書かれた記事、リスティング広告運用者にとって、とても示唆に富む内容ですので、まだの方は是非ご一読いただくと良いと思います。

示唆に富むなんて言うと、えらそうになってしまいますが、他にぴったりな言葉が見つからなくて。




※この記事は、ひとりのリスティング広告運用者であります、わたくし新田が、勝手に書いたアンサーソング的な記事です。わたしの現在と過去と未来の話しであり、記事内で触れさせていただく組織・人物につきまして、意見したり批判をしたりするものではありません。また、100%わたしの自分語りなので、苦手な方はブラウザバックを推奨致します。


※acssembleの記事は不定期更新です。

記事の更新情報はTwitterとfacebookでお知らせしますので、ぜひフォローしてください。


目次

新田の今後の活動方針:リスティング広告の運用に特化して生きていく

もうしばらくの間は、運用に特化したリスティング広告の運用者として生きていきたい、そう思っています。


運用に特化したリスティング広告の運用者で生きていきたい、とは言え、いわゆる運用しかしないという意味ではありません。現時点でも、案外管理画面外どころかリスティング広告に絡まないところもやっていたりします。こういったことは今後も続けていきますし、もっと増えてくると思っています。

なんというか、どっちを選ぶかという話ではなく、自分をどうブランディングするかというか、ポジショニングするかというか、スタンスというか、考え方みたいなもので、わたしはまだしばらくは、運用をテーマに活動をしていきたいし、まだわたしの価値はそこにあると思っています。

※小西さんの記事を「あ、小西さんはリスティング広告の運用じゃないことをするんだ(リスティング広告の運用をしなくなるんだ)」と読んだわけじゃないですよ。

何が言いたいかと言うと、案外、わたしが関わっている範囲だと、まだまだ純粋な運用ができていないアカウントを多く見るので、もうしばらくの間は、純粋な運用に特化した運用者としての新田の価値もあるはずだと感じています。

具体的に言うと、正しい日々の運用管理ができておらず表示機会を損失していたり、hagakureの意味を間違って解釈してしまっていたり、過度に細分化てしまって手に負えなくなっていたり、という、純粋な運用がきちんとできていないために、改善余地を残しているアカウントをまだまだ見ます。


体感では、診断するアカウントのうち半分くらいは自信を持って「純粋な運用だけで改善できます」と断言できるアカウントで、1/4くらいは「できることはあるけれども、どれくらい改善するかはやってみないとわからないな」という感じで、もう1/4くらいは「運用だけでこれ以上改善するのはムリです」という感じですね。この、「運用だけでは改善できません」の比率が半分に近くなるまでは、運用に特化していたいと思っています。

新田の過去の話:知らないってこわい

さて、すこし昔ばなしをします。と言ってもそんなに昔でもないんですけど。


わたしのリスティング広告のキャリアは2011年に新卒で入社した会社で始まります。過去最低の就職内定率だった年なんですよね。たぶん、気合が入ってる方なんだと思います。わたし。


この会社、いわゆる営業会社で、リスティング広告に関しては知識・技術・運用体制があるから営業していたのではなく、売れるから売っていた会社でした。また、運用体制はなく、みんなで分担してなんとか動かしていたという感じの状況で、それぞれがそれぞれの知識でやっていて、お互いに学び合ったりとか知識を共有したりとかはできていませんでした。激務で時間も精神的な余裕もなかったので。

できていなかった、なんていうと甘えですね。実際はしていなかっただけです。

その部署に配属されたわたしは、まだ社会人になって何ヶ月も経ってなかったのですが「お前パソコン詳しそうだからリスティングの運用やっとけ」みたいな感じで、リスティング広告の担当になりました。そんなきっかけで、わたしのリスティング広告運用のキャリアが始まります。


まったく未経験で知らないとは言え、お金をもらってやることなんだから勉強しなければ、と思ったわたしはリスティング広告の運用について勉強するわけですけれども、聞ける先輩もおらず(みんな自己流なので再現性がない)、激務過ぎて(新人は朝7時出社で帰るのは終電)それこそSEMカフェのような勉強になる場にも行けない、同業の知り合いもいない状態なので、情報源が限られていました。今となって思えば、言い訳に過ぎないんですけど。

当時のわたしは本気で、クリック率が上がれば品質が上がる、掲載順位は高いほうがクリック率が高い、だから高く入札すればクリック率が上がって、品質スコアが上がって結果クリック単価は安くなる、とか、予算調整はキャンペーンの予算設定でするもの、とか、完全一致の方が品質が高い、とか思ってました。知らない・誤解してるってこわいですね。今だからこそ思います。わたしもそうでしたけど、間違った運用をしている人って、悪意がないことが多いです。ただただ知らないだけで。本人は一生懸命だったりするんです。だからこそ、広告主からしたらタチが悪いとも言えるんですが。悪意があるならそれなりの対応ができますが、本人自体は一生懸命でいいヤツなことも多いですから。反面、悪意がなければ無知でも間違っててもいいのか、というと、当然そんなことはありません。お金を頂いてする以上、無知も誤解も悪です。


わたしがヘルプコミュニティで活動している理由のひとつが、低質な運用者だったときのせめてもの罪滅ぼしという気持ちもあります。当時の広告主様にはなんのリターンもないので完全な自己満足なんですが。

新田の現在の話:わたしのまわりの状況はあまり変わってないと思う

昔のわたしの場合、自社の利益のために広告主様を騙すような意図はなく、単純な無知によって正しくない運用をし、広告主様の貴重な広告費を浪費しながら、こちらは丸々20%の手数料を頂くというひどい商売をしてしまっていたわけです。

とにかくお金を頂くに値しない仕事をしていたことは事実で、反省しています。

でも、そんなわたしだからできることがあると思っています。間違った運用をしている運用者の存在をとてもリアルに実感しているから。なぜならわたしがそうだったから。

そして、似た状態の代理店を最近も見ましたし、昔のわたしよりもひどい運用者を見たこともあります。


と言った感じで、運用者の無知や誤解による低質な運用ってまだまだあるな、と感じています。なんていうか、2極化しているという感じなんですかね。ちゃんとやっている層と、できていない層と。そして、ちゃんとやっている層は、リスティング広告の成果をもっと伸ばすために、管理画面外のことにも取り組んで技術を身に着けていくなど、どんどん高度化していくので、ちゃんとやっている層とそうでない層の差はますます広がっているように感じます。

毎月40%もインプレッション損失(予算)を発生させていたり、hagakureの意味を誤解して何でもかんでもインプレッションボリュームガーと言って集約していたり、品質ガーと言って1広告グループに1キーワードでマッチタイプ別も広告グループを分けていたり、そしてそのくせ広告文は全部の広告グループで一緒だったり、正直に言って、「まだそんな運用してるの?」と言いたくなるアカウントを、直近1年間だけでもいくつも見てきました。


という状況を見てわたしは思うわけです。スマート自動入札やスマートクリエイティブなどの自動化が進んだとて、すべてのアカウントがそうなってるわけではない、というか、スマート自動入札やスマートクリエイティブをきちんと使って運用できているのは案外半分くらいで、もう半分くらいはまだまだ2015年以前な感じなんだなと。半分というのはあくまでわたしの感覚でしかないのですが。


というわけで、まだ、運用者の実力のみによって改善できるアカウントはまだまだ残っていて、少なくとも今のわたしがお取引をさせて頂けるレンジには結構あるな、というのがわたしの現状認識です。

まとめ

というわけで、リスティング広告運用の業界で最前線ではないところをウロウロしている時間が長い最近のわたしの印象では、まだまだキーワード選びとか、アカウントの構成とか、配信管理がちゃんとできていないアカウントがあるなーと思っています。

大層なことではなく、わたしの目の届く範囲に、まだ運用で改善できるアカウントがあるので、それをやっていきたい、という意思表示でした。


というわけで、「リスティング広告は古い」、「まだキーワードとかLPとか言ってるの?」なんて言われるようになって久しいですが、そんな中でも、わたしはもうしばらく、運用に特化した運用者として生きていきたいと思います。


もし、自動化がもっと頭が良くなって、それこそ「うちのサイトはこれです」とURLを設定して、「予算はいくらでCPAはこのくらいまで」という数字を与えたら、キーワード・リンク先の選定から広告文の作成までしてくれるようになり、人間がするのは商品・サービス開発とサイト制作のみ、みたいな感じの時代が来たら、まぁ、わたしはリスティング広告運用者としては引退というか、SEMの世界からも引退かな。


そしたらなんか、別の仕事をしようかな。子供の頃の夢だった船乗りとか。


勝手に書いてみたアンサー記事でした。ご意見・ご指摘等ございましたら、Twitterなどで頂けますと大変ありがたく思います。それでは。



ご意見、感想などはTwitterなどでお送りいただけるとはげみになります。
記事の投稿は不定期です。最新の記事や反響の良かった記事についての情報はTwitterで発信していますので、ぜひフォローしてください。