acssemble(アクセンブル)の紹介

acssemble
Google広告 ゴールドプロダクトエキスパート 新田真隆

acssembleの仕事の流儀

acssembleのサイトへご訪問頂きありがとうございます。acssembleは個人事業主・新田真隆の屋号で、アクセス(access)を集めてまとめてまとめ上げることで(assemble)、広告主に価値を提供したい、という思いを込めています。
わたしは、2011年に新卒で入社した会社でリスティング広告の運用に初めて携わりました。なので、きっかけは偶然です。それ以降、リスティング広告の運用の楽しさに目覚め、現在までずっと関わってきています。2018年4月に独立して現在に至ります。独立のきっかけは、決まった曜日・時間で働き、働き方改革で労働時間が制限される会社員という形でリスティング広告の運用に携わる限界を感じたからです。フリーランサーだからこそ提供できる価値がある、そう思って仕事をしています。

acssembleの仕事の流儀

acssemble 新田真隆

リスティング広告の運用代行は、広告主から預かったお金を成果に変えて、広告主に提供するというお仕事です。そのため、わたしはWeb系の仕事というよりは、投資信託の仕事に近いと思って日々業務にあたっています。Web系の仕事ではカジュアルな服装で仕事をする人も多いですが、投資信託の営業がカジュアルな服装で来ることはまずないと思います。また、リスティング広告は24時間365日動いているため、いつ何があるかわかりません。ですから、わたしは訪問や来客の予定がない日でもビジネスに相応しい服装で仕事をするようにしています。

フリーランサーでいる理由

フリーランサーでいる理由

わたしは、リスティング広告に携わる働き方として、フリーランスという形が最も適していると考えていました。ずっと機会を伺っていましたが、準備が整った2018年3月末でインターネット広告専業の広告代理店を退職して、4月からフリーランスとして活動しています。今後もフリーランサーとして活動していきます。
リスティング広告は24時間365日稼働していますし、どの曜日・時間帯に注力したいのか、配信の変更をしたいのかは、広告主によってまちまちです。また時期によって繁閑の差も存在します。週末や夜間に対応が発生することもあれば、逆に日中に特に対応が必要ないこともあります。フリーランスであれば、対応に柔軟性をもたせることができ、不必要な通勤や出社を省くことで知識や教養を深めたり不必要な消耗を防ぎ、高いパフォーマンスを発揮できるようになります。真のクライアントファーストの実現のためには、代理店の社員という形は理想出来ではなく、フリーランサーのほうがより近づけると私は考えていますので、フリーランサーという形を選びました。

事業概要

屋号 acssemble (アクセンブル)
代表者 新田 真隆 (Nitta Masataka)
業種 広告代理業
所在地 〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目7−1
Ocean Gate Minatomirai 8F WeWork